このたびは大変ご心配をおかけしました。
たくさんのメールをいただき、ありがとうございました!

さてブログ更新、久しぶりになってしまいました。
通常ブログに戻る前に、どうしても書きたいことがあります。

今回の療養で、私が一番しみじみと感じたのは、
「ネット検索の悪影響について」でした。

どこか具合が悪くなったり、心配なことがあると
ついついしてしまうネット検索。。

私こういう状態だけど大丈夫なの・・?
この症状はどのくらい続くの・・?
これ以上ひどくなったらどうなるの・・?

そんな不安を消したくて、この苦しみから逃れたくて、
「私を安心させてくれる情報」が欲しい!一心で
検索をしてしまうのですが、

これ完全に逆ね、
逆効果ね。

いつも思う、なのに何回も同じ過ちを繰り返してしまいます。


からだが弱ってる時って、心もどんどん落ちていきますので、
ちょっとネガティブな情報を見ると、

必要以上に心配になって、落ち込む。  

本当に正しい情報なのか分からないのに鵜呑みにする。

頭の中、不安や恐怖でいっぱいになる。


なんのために検索したんだよ?私。。

まだ起こってもいないし、現実でもないことに怯えてる。

そしてやっかいなことに、
不安や心配に囚われて(頭の中が支配されて)しまっている自分に
なかなか気づけなくなってしまう。 

かろうじてポジティブな情報をみつけても、
それに対して「ほんとだろうか・・」と疑う。。(おいおい)

明らかにいつもの自分じゃないのです。


そして2〜3日経ってからようやく「はっ(゚д゚)私おかしい」と気がついて 

どこの誰かも分からない人の情報を信じるのやめ!
ネット検索もやめ!


と決めて、携帯を封印しました。

それよりも先生が言っていたこと、家族や友人の励まし、
そしてなによりも「自分自身を信じろよ」と思いました。

自分のからだは自分が一番よく知ってるじゃないか、と

私は昔から人一倍、丈夫ではないか、と。
(二重生命線もあります(*・ω・)ノ)

そこからはびっくりするほどモリモリ回復しました(笑)


「心配事の90%は起こらない」と言われます。

今回も本当に「取り越し苦労」をしました。

不安な時のネット検索はほどほどに。自戒です。

そしてやっぱり、私もネットで情報を発信している側の人間としてこれからも、
不安をあおるような情報じゃなくて
少しでも安心材料となるものを、
かつ「正しい情報」を伝え続けていきたいなと思いました。


--------------------------------------------------------------------------------------------
迷い猫・迷子ペットの飼い主さんサポートサイト
チラシ/ポスター制作・捜索グッズ・防災グッズ販売
「ねこてっくす」  http://necotex.net 

★無料配布中★「迷子猫・迷子犬の探し方リーフレット」
---------------------------------------------------------------------------