今回は、「さがすのをやめる」「あきらめる」という選択についてです。


飼い主さんから、

「脱走して1週間なので、もう無理ですよね・・」 とか、

「いなくなって10日以上経ってしまいましたが、みつかりますか?」

という質問をいただくことがあります。


迷子ペットがみつかった実例集 にも、たくさんの例(現在216件掲載)が

掲載されていますが、



1週間~10日過ぎても、無事に保護されたケースはたくさんあります!

まだまだ全然、あきらめるのは早い段階です。

むしろ、「いま頑張らないで、いつ頑張るの?」という、とても大事な時期

だと思います。



迷子猫さんのなかには、
 
何週間・何ヶ月もたってから、

何事もなかったかのようにひょっこり帰ってくる子もいますし、

思いがけないことで、場所で、見つかる子もいます。


先日は、脱走後1年の間、近所で外猫さんとして可愛がられていたという

猫さんがいました。(無事に保護しました!)


動物は、置かれた状況で、なんとかして生きようとします。

なんとかして食べ物をみつけようとするし、食べ物がなければ

虫や草や土を食べて、生きようとします。



いなくなって1週間程度の段階では、

どうかどうかあきらめないで探してあげて欲しいです。


 

ですが、


たとえば何ヶ月も何年も、泣きながら希望を持ちながら、何度も自分を奮い立たせながら

必死に頑張り続けてきた飼い主さんが、
 

最後に「あきらめる」という選択をすることは、私は決して悪いことじゃないと思っています。




飼い主さんから、「もうさがすの、やめようと思います」と決意表明をいただくこともあります。


それもひとつの、勇気ある前向きで立派なご決断だと思います。



あきらめられずに無理を重ねて身体をこわしてしまったり、

精神的に参ってしまうこともあります。

 

手放すことで、心が軽くなって、楽になることも多いです。
 


「さがすのをやめる」という決断は、 


決してペットさんを見捨てるとか、冷たい選択だとか、そういうことではなくて、
 

ご自身が前に進むため、今いる子(これから出会う子)のために、必要な、

大切な区切りになる決断なのだと思います。



 

決断された飼い主さんは、どうかご自分を許して、これ以上責めないであげてくださいね。






--------------------------------------------------------------------------------------------
迷い猫・迷子ペットの飼い主さんサポートサイト 
チラシ/ポスター制作「ねこてっくす」  http://necotex.net  
---------------------------------------------------------------------
※現在、個別のメンタル相談は、受付しておりません。