迷子ペットさんのチラシ・ポスターについてのお話です。

ご自分で作るという飼い主さんもいらっしゃると思うので
参考にしていただければ幸いです。


猫さんの写真を選ぶ際に、

「こっちの方がかわいいと思うので」

「この写真の方が、この子らしい表情なので」

と選択される飼い主さんがおられるのですが、



申し訳ないのですが、

却下させていただくことがあります。



「かわいい顔」をしているのは、

あくまでも飼い主さんに向けた顔だから。

安全なおうちの中でリラックスしているから。です。



(室内飼い猫さんの場合)

慣れないお外にでて恐怖と戦っているときに、

「かわいい顔」は、していません。

野生の本能がでて、厳しい表情をしているはずです。


(帰ってきたとき、猫相がすっかり変わっていたということがほとんどです。)


猫さんが普段でもどれほど表情豊かなのかは、飼い主さんなら分かりますよね。

なので、表情で写真を選ぶことはおすすめしていません。



顔のアップだけ、とかもあまりおすすめしていなくて、

写真がそれしかない、というのであればしょうがないですが、

できるだけ全身が写っている写真をメインにされたほうがいいですね。




なぜなら、

わたしたち猫好きや猫の飼い主は、

道端にいる猫さんの顔を見よう見ようとしますが、


普通の人は、


「あ、猫だ」


と、体全体をなにげなく見るだけです。


顔を見て、しかもその顔を「覚える」ということは

なかなかできないです。



たとえば、金魚とかで考えてみますと

猛烈に金魚が好きな人に、
みんなそれぞれ顔が違うのよ、かわいいでしょ、と言われても
興味がない人にとっては、
「たしかに模様はみんな違うけどね、まあ金魚・・だね」
と感じてしまうのと同じように、

そして、数分後にはその金魚の柄さえも忘れてしまうように、




やっぱり

猫は猫にしか見えない


んですね。



だからいただいた目撃情報が全然ちがってても

しかたない、です。


しかたないのです。



猫はみな猫に見える のです。

 

なので、話がそれましたが、


できるだけ、全身が写った写真をメインにして作りましょう。


 


--------------------------------------------------------------------------------------------
迷い猫・迷子ペットの飼い主さんサポートサイト
チラシ/ポスター制作・捜索グッズ・防災グッズ販売
「ねこてっくす」  http://necotex.net 
---------------------------------------------------------------------
※現在、個別のメンタル相談は、受付しておりません。
どうぞよろしくお願いいたします。