普段から、「猫好き仲間」とか「動物好きの人」たちの中に
どっぷりと浸かって生活しておりますと、

それ以外の人たちのことを、ついつい忘れてしまいがちですが、

たまに強烈に、その人たちの存在に気づかされる出来事が起こります。


猫さんを捜している飼い主さんも、たぶんそうではないかなあと思います。



動物を飼ったことがない人たち、

ペットが「家族」であるということが理解できない人たち、

その中には、

それ(理解できないこと)を、「批判」などの形に変えて、
わざわざ伝えてくださる方も、いらっしゃいます。



つい最近、私も予期せずそんなアウェイの場に立ちました。

私の事業は、一部の人たちには、価値を理解してもらえないことがあります。

ごくまれですが、ペットを飼っていない人たちに批判されることもあります。


このときも一生懸命、説明はしたのですが、
本当に伝わったかどうかは疑問・・(^^;)

でも、実際に動物と暮らしてみないとやっぱり分からないことも多いので、
理解してもらおうとがんばるだけ無駄かもなあ・・と思ってしまいました。


で、なにが言いたいかと言いますと!

私の場合は、事業なので頑張って説明しろよという感じなのですが(笑)
そうではない飼い主さんの場合、

そういう理解のない一部の人たちに、
がんばって理解してもらわなくてもいいんだよっ、ってことです。

なんで分かってもらえないんだろ・・って落ち込む必要はないし、
そこでがんばるのは、無駄な努力かもしれないです。

がんばるより逃げたほうがいい時もあります。


心無い人物というのは、ある一定の割合で存在します。

なので、できれば「批判はされて、あたりまえ」
「こればっかりはもう、いたしかたない」

と最初っから割り切っちゃって
おくといいかもしれません。


それで、そういう人物だなと気がついたら、あまり関わり合いにならず、
できれば一刻も早く、逃げましょうー

「ですよね~」って、ヘラヘラしながらでもいいので、とにかく逃げるべし!



飼い主さんが正面から受け止めて、傷つく必要はないです!


いまそんな暇ないから!


それで、一刻も早く忘れること!


そんな記憶は、速攻ポイポイ〜っと捨ててしまってください!


そして猫さんのために、次へ!(^^)/



私ももう忘れましたー(笑)


 

 

--------------------------------------------------------------------------------------------
迷い猫・迷子ペットの飼い主さんサポートサイト
チラシ/ポスター制作・捜索グッズ・防災グッズ販売
「ねこてっくす」  http://necotex.net 
---------------------------------------------------------------------
※現在、個別のメンタル相談は、受付しておりません。
どうぞよろしくお願いいたします。