「ねこてっくすのポスターやチラシは、なぜ、赤・青・黄色なのですか?」
と聞かれたことがあります。


一言でいえば「目立つから」なのですが、
補足しておきますと、、


迷子のペットさんを探していて、他の人からの情報が欲しい場合、
なによりも大事なのは、

「探している」ということを知ってもらうこと
ですよね。


そのためまずは、ポスターやチラシ「そのもの」に注目してもらう必要があります。


他の広告と一緒によくよく見ずにぺっと捨てられてしまっては、だめなんです。

「え?なになに?」「これなに?」と思ってもらわないとだめだと思っています。


で、人間の目というのは、まず「原色」に引き寄せられます。

信号機もしかり。原色の代表は、「赤」「青」「黄」ですね。


そんなわけでこの3色を使って、まず人の意識を引き、

で、そこで初めて「読んでもらう行為」につなげることができると考えています。


なので、「まずポスター・チラシそのもの」に注目してもらうために
この3色を使っています。




「色」以外でも目立たせる方法があります。


もし動物病院など、たくさんポスターが貼ってある中で「目立たせたい」と思ったら、

紙の大きさを「他のものと違うサイズにする」ことです。

貼ってある他のポスターが、どれもA4サイズだった場合、
一つだけB5サイズがあると「ん?」と思って視線が向きます。


人間は、「他と違うもの」に視線がいく傾向があります。


折込チラシもそうです。

新聞に折り込まれている多くの広告は、B4やB3サイズですので、
A4やB5サイズは、小さくても逆に目立ちます。

しかも、小さいチラシは一番手前に折り込んでくれることがほとんどですので
最初に目に入れることができます。



というわけで、

ねこてっくすのポスターやチラシは、いろいろな作戦のもと
作られています。(^^)v

今まで90万枚ほど印刷して、実際に多くの結果が出ているデザインですので
ぜひ参考にしてみてください。


ご自身でつくる飼い主さんも多いと思いますが、
せっかく作るのなら、人の記憶に残るポスターやチラシを作りましょう!

重視すべきは美しさではなく、インパクト!

目立ってなんぼですので、思い切って作りましょう!!







--------------------------------------------------------------------------------------------
迷い猫・迷子ペットの飼い主さんサポートサイト 
チラシ/ポスター制作「ねこてっくす」  http://necotex.net  
---------------------------------------------------------------------
※現在、個別のメンタル相談は、受付しておりません。