「嫌な予感がするんです・・」
「あともう一歩の予感がするんです!」


”予感” について話される飼い主さんは多いので、
今日は、「心配」と「予感」の違い について少し。

 

たとえば、現実にまだなにも起こってもいないことに対して、

「こんなことが起こったらどうしよう・・」
「あんなことが起こったらどうしよう・・」

と頭の中で想像して、
イメージを繰り広げるのは「心配」です。


心配ごとの「90%」は起こらないと言われています!


対して「予知」には、このような感情的な反応は起こらない
言われています。

 

「なぜか分からないけど、こんなことが浮かんできた」とか

「なぜか分からないけど、そんな感じがする」

という静かな感覚です。

 


私も何かしら「予感」を感じることがありますが、
それは、本当に静かに「知っている」という感覚に近いものです。

震災の日の朝にも、予知夢を見ていましたし、
地震が来る前には体感で感じ取ることもあります。




最近はエネルギーに敏感な方も増えているので、
予知される方も多いかなと思いますが、


だからこそ、
「心配」と「予感」、ごっちゃにしないようにしたいよねと思って
書いています。



心のどこかで「あの子は生きている」という静かな確信がある、
という飼い主さんは多いです。

それはたいてい合っていて、ちゃんと「予知」してる。

でも、「心配」という「負のエネルギー」は、
あまりにも大きいので、どうしても負けてしまうことが多いです。


実は、「心配」をすることは、「心配」した相手のエネルギーを
引っ張ってしまうことにもなります。


「心配」の感情って、自分にも周りにも本当によろしくないエネルギーです。



なので、「なんか分からないけど大丈夫だと思う」という
根拠のない確信がある飼い主さんは、

そう思う自分自身を、どうか信頼してほしいなと思います。

周りから聞こえる声や、さまざまな情報に惑わされずに、
どうかご自身を信頼して
「心配」のエネルギーを遮断してほしいと思います。


そして、「あの子には”生きる”という強い本能と、強い力がある」こと、


私は「あの子をみつける強い力を持っている」ということを信じること。



心配ばっかりしてしまう飼い主さんは、

「これは現実には起こっていないことだ」

と、しっかり「今ここ」に意識を戻すこと。


大事にしてほしいなと思います。





---------------------------------------------------------------------
迷い猫・迷子ペットの飼い主さんサポートサイト 
チラシ/ポスター制作「ねこてっくす」  http://necotex.net  
---------------------------------------------------------------------
※現在、個別のメンタル相談は、受付しておりません。