今回は、
「自作のチラシで情報が入らないときに見直したいポイント」
についてご紹介します。

自分で作ったチラシでは情報が入ってこなかったのに
「ねこてっくす」のチラシにしたらなぜか入ってきた!
というケースはよくあります。

多くは、この非常事態で慌てて作っているために
「大事な点が見えにくくなってしまっている」ことが原因です。

「なかなか情報が入ってこない」「原因が分からない」
という飼い主さんの参考になりましたら幸いです。



①猫さんの「特徴」

飼い主さんが、
「うちの子のことは私が一番よく分かっている」と
思うのは当たりまえのことです。

なので、まずは「うちの子の特徴」を
チラシにも載せると思うのですが、

ですが、

実はここに、
飼い主さんだからこそ見逃してしまう盲点があります。


飼い主さんが思っている「うちの子の特徴」と、
一般の人が見る「あそこで見かけた猫の特徴」は、
違っている場合があります。

飼い主さんが毎日見ている猫さんと、
毎日見ていない人が一瞬見かけた猫さんでは、
見るポイントが違うからです。


飼い主さん目線だと、どうしても細かい部分に
目がいってしまいます。

多頭飼いされている方は特に、
ほかの子と区別しようとしますので、

耳と耳の間の毛の色が違う、とか
お尻のあたりの毛が薄い、とか
右後ろ足にポイントがある、とか

「一部分」を特徴として見てしまうことが
多いのではないかと思います。


なのでつい、そこをメインに載せてしまいます。


もちろん、
動物病院や個人宅で保護された場合は、
細かい部分で本人かどうか判断しますので、
載せておくことは、間違いではないです。


でも大きくアピールするのは「そこじゃない」場合が多いです。


一般の方が道でネコを見かけたら、まず

ネコを「ネコ」としてとらえます。


目線は、「部分」ではなく、「全体」です。


なので、たとえ茶トラ白の猫さんでも、
三毛猫さんでも、

けっこうおおざっぱに、
「茶色っぽいネコがいた(かもしれない)」
ととらえます。




わたしたち猫好きの場合は、
「キジトラ(白が入ってるか入ってないか)」
「カギシッポ」「ポイントあり」と
見分けることができますが、

普段見慣れていない人は、こういった部分を
なかなか特徴としてとらえることができません。


ではどうしたらいいのかというと、

「まずは全体としての特徴を教えてあげる」ということです。


あなたの猫さん、
「ぱっと見」どうなのか、考えてみてください。


ぱっと見、全体像として見たら、

耳と耳の間の毛の色が違う猫
お尻のあたりの毛が薄い猫
右後ろ足にポイントがある猫

ではなく、

ただ単に


「大きい猫」
「茶色と黒で、アゴだけ白い猫」
「シッポが長い黒猫」

なのではないでしょうか。



最初の間口を広げることで、入ってくる情報は多くなります。


あせる気持ちはとてもよく分かりますが、
最初から「うちの子だけの確実な情報が欲しい」と思わずに
広く情報を集めて、そこから絞っていくほうが近道です。



愛ゆえに見えなくなることは多いです。

単純なことは盲点です。

いったん落ち着いて考えましょう!



それから、飼い主さんの前でしか見せない「しぐさや鳴き声」などは
外で同じように見せる可能性はかなり低いです。
「特徴」とはなりませんので、ここも気をつけていただきたいなと思います。



②連絡先


連絡先は最低限、
「電話番号」と「メールアドレス」は載せておきたいです。

連絡する手段が少ないと、
せっかく見かけた方の情報を
逃してしまうことにもなります。

「電話かけるのはちょっと・・」という若い方達や
「メールができない」という高齢者の方達ともつながれるように、
両方書いておくことをおすすめします。

「携帯の番号書いて大丈夫かな」
「アドレス載せたら迷惑メールが来るのでは?」

という心配もあるかもしれませんが、

私は、
もしかしたら来るかもしれない大事な情報を逃す方が
心配です。




---------------------------------------------------------------------
迷い猫・迷子ペットの飼い主さんサポートサイト 
チラシ/ポスター制作「ねこてっくす」  http://necotex.net  
---------------------------------------------------------------------
※現在、個別のメンタル相談は、受付しておりません。