迷子猫のあしあと -ねこてっくすのblog-

迷子ペットの飼い主さんサポートサイト「ねこてっくす」のブログです。 飼い主さんから一つでも多くの心配や不安を減らし、少しでも前にすすんでもらうことを目的としています。

ねこてっくす店主の話

6年間のこと

こんにちは。松原です。
今日は個人的なお話です。


私が「ねこてっくす」を立ち上げたのは、2011年8月です。
3月に東日本大震災があって、故郷の仙台が大きな被害を受けました。
実家や友人たちが被災し、親戚が津波の犠牲となりました。
 
当時兵庫県にいた私は、家族や友人たちから伝わって来る被災地の様子と、
自分が居る場所のあまりのギャップに耐えられず、頭がおかしくなりそうでした。
  
そして、たくさんの人が被災地に赴き、救助活動を行っているのに、
私は何をすることもできない、誰ひとり、自分の家族さえも助けることができないと
自分の無力さを感じていました。
 
なぜ自分だけが、平和な地域で日常を過ごしているのか、 
私はいったいここでなにをやっているのか、 
なんで私だけここでのうのうと生きているのか、 
毎日毎日、罪悪感でいっぱいでした。

自分は何の為に生きているんだろう、自分にできることは何なんだろう、
眠れずにずっと考え続けていました。
 
やがて出た結論は、
自分の持っている時間を無駄にしてはいけない、ということ。
 
自分が少しでも誰かの役に立つ可能性があるのならば、
後ろ向きに考えている暇はない、
とにかく今すぐ「自分にできることをやるべきだ」ということでした。
 
そうして、動物たちや飼い主さんを助けたい、
私自身も「家族で仙台に帰りたい」という想いが強くなり、
起業準備を始めたのです。

--------------------------------
 
起業当時、「迷子ペットのチラシ制作」事業というのはまだ日本に存在しておらず、
私の事業は「困っている飼い主につけこむ事業だ」とか、
「困ってる飼い主ならいくらでも払うと思ってるんでしょ」とか
言われていました。。
 
事実、動物愛護のお仕事というのは、団体やNPO 法人、ボランティアで
成り立っていることが多く、
日本では、「社会貢献的な事業でお金を儲けることはいけないことだ」という見方も
根強く残っています。
 
しかし6年目に入った今では、とてもありがたいことに、
多くの方がこの事業を"猫助け屋"として認識してくださり、
応援してくださっています。

本当にありがとうございます。
 
--------------------------------
 
起業当時、私はデザインすらしたことがありませんでしたので、
すべての勉強を一からはじめました。
サイトをつくるための、ウェブデザインとサイト構築を勉強し
同時に、商品をつくるための、グラフィックデザインとDTPを勉強し
それらをつくるため、アドビのソフトを購入して、操作を一から覚えました。
 
実質2ヶ月で勉強して、その後は開店してから、
実際にネットショップを運営しながら必要な部分をそのつど学んでいきました。 

やがて、この仕事には飼い主さんの心のケアが重要だということに気がついて、 
心理学を学んだり、ペットロス専門の先生にコンタクトをとって勉強をしました。


さて、今考えると本当に嘘みたいな話ですが、起業当初、
私はお客さまに、印刷用紙代とインク代と送料しか請求していませんでした。
 
「デザインは原価がかかっていないから請求しにくい」し、
「人を助けているんだから、多少赤字でもいいかな」と、思っていました。
 (今思うと、これは完全に逃げです..^^;)
 
そして、365日朝から晩まで休むことなく(ぎっくり腰になっても!)
仕事をしていました。
でも、当然ですが売れれば売れるほど赤字です。
4つの銀行口座は次々にゼロになり、そのうち借金生活が始まりました。
 
それなのに、飼い主さんからお金を奪っている気がしていました。

「生活するためには稼がなければいけないのに」という葛藤もあり、
心身ともにどんどん苦しくなっていきました。
 
当時は商品が届いても(猫がみつかっても) お金を払ってくれない方は多かったし、
(※後払いにしてました)
「そんなに安いわけないでしょ! あとからいったいどれだけぼったくるつもりなの!」
と電話がかかってきたこともありました。(笑)
今思い出すとびっくりな、過剰な要求をされる方も本当に多かったです。

苦労話はもういいですね、(笑) 
今では、それらは全部自分が招いたことだとわかります。 
当時の私には必要なことでした。 
 

そして「人を助けたい」「動物を助けたい」と言っていたけど、
気がつけば、この事業に救われたのは、私自身でした。
助けてほしかったのは誰よりも「私」だったことに気がつきました。
 
--------------------------------

そして4年後、奇跡が起きて、念願の仙台へ引っ越しをすることになりました。 

震災の影響もあって、物件がほとんどない中(ペット可は皆無でした)
1件だけヒットしたのが今の家です。 

仙台で生活していく中で、たくさんの人と出会い、助けてもらい、
いろいろなことを学びました。

そして私はようやく、私自身が幸せでいることがなによりも大事なことなんだと
気がつきました。
 
自分が満たされて幸せでいられるから、自然と誰かに貢献ができるのであり、
自分自身が日々穏やかな気持ちでいるから、愛を持って人にも優しくできる。

自分が強くないと、人を癒すことはできません。
私は起業当初、自分自身が不安定なまま人を助けようとして、
どんどん苦しくなっていきました。

だからもし同じように苦しんでいる方がいたら、
まずはご自身を幸せにしませんかと言って回りたいです。
あなたの大切な人のためにも。


今まで、
ほんとうに猫の役にたっているのだろうか、
ほんとうに飼い主さんのためになることなんだろうか、
何度も何度も立ち止まりました。
 
でもここまで続けてこれたのは、
なによりも必死にがんばっている飼い主さん、
いつも応援してくださるツイッターのフォロワーさん、
そしていつも近くで見守っていてくれている方々、
みなさんのおかげです。

今年、私は決断したことがあります。
またご報告しますが、
まずはみなさまにお礼を伝えておきたかったので、
6年間のこと、書き残しておくことにしました。

ここまで読んでくださり、ありがとうございました!(^^)


松原

不安な時のネット検索・・

このたびは大変ご心配をおかけしました。
たくさんのメールをいただき、ありがとうございました!

さてブログ更新、久しぶりになってしまいました。
通常ブログに戻る前に、どうしても書きたいことがあります。

今回の療養で、私が一番しみじみと感じたのは、
「ネット検索の悪影響について」でした。

どこか具合が悪くなったり、心配なことがあると
ついついしてしまうネット検索。。

私こういう状態だけど大丈夫なの・・?
この症状はどのくらい続くの・・?
これ以上ひどくなったらどうなるの・・?

そんな不安を消したくて、この苦しみから逃れたくて、
「私を安心させてくれる情報」が欲しい!一心で
検索をしてしまうのですが、

これ完全に逆ね、
逆効果ね。

いつも思う、なのに何回も同じ過ちを繰り返してしまいます。


からだが弱ってる時って、心もどんどん落ちていきますので、
ちょっとネガティブな情報を見ると、

必要以上に心配になって、落ち込む。  

本当に正しい情報なのか分からないのに鵜呑みにする。

頭の中、不安や恐怖でいっぱいになる。


なんのために検索したんだよ?私。。

まだ起こってもいないし、現実でもないことに怯えてる。

そしてやっかいなことに、
不安や心配に囚われて(頭の中が支配されて)しまっている自分に
なかなか気づけなくなってしまう。 

かろうじてポジティブな情報をみつけても、
それに対して「ほんとだろうか・・」と疑う。。(おいおい)

明らかにいつもの自分じゃないのです。


そして2〜3日経ってからようやく「はっ(゚д゚)私おかしい」と気がついて 

どこの誰かも分からない人の情報を信じるのやめ!
ネット検索もやめ!


と決めて、携帯を封印しました。

それよりも先生が言っていたこと、家族や友人の励まし、
そしてなによりも「自分自身を信じろよ」と思いました。

自分のからだは自分が一番よく知ってるじゃないか、と

私は昔から人一倍、丈夫ではないか、と。
(二重生命線もあります(*・ω・)ノ)

そこからはびっくりするほどモリモリ回復しました(笑)


「心配事の90%は起こらない」と言われます。

今回も本当に「取り越し苦労」をしました。

不安な時のネット検索はほどほどに。自戒です。

そしてやっぱり、私もネットで情報を発信している側の人間としてこれからも、
不安をあおるような情報じゃなくて
少しでも安心材料となるものを、
かつ「正しい情報」を伝え続けていきたいなと思いました。



--------------------------------------------------------------------------------------------
迷い猫・迷子ペットの飼い主さんサポートサイト
チラシ/ポスター制作・捜索グッズ・防災グッズ販売
「ねこてっくす」  http://necotex.net 
---------------------------------------------------------------------
※現在、個別のメンタル相談は、受付しておりません。
どうぞよろしくお願いいたします。
 

日々、私たちが過ごしている日常は、 実は奇跡の連続なのかもしれない

「日々、私たちが過ごしている日常は、 実は奇跡の連続なのかもしれない」

というのは、
私の好きなアニメ、「日常」の中で、笹原先輩が言うセリフです。
(知らんがな・・(´・ω・`))

というのも、

今日ね、みつかった猫の飼い主さんからいただいたメール。

------------------------------------------------
今回の件では、 何が本当に大切かということを考えさせられました。
何気ない日常が繊細な織物のようなものに支えられていること。
つつがなく過ぎていく日々への感謝。
仕事は効率よくほどほどにして残業なしで帰るように、
そして戸締り気をつけます。

------------------------------------------------


涙が出ました。 

ほんとうにほんとうにそうだね。って思って。

私は震災後から、毎朝、目が覚めると
今日も生きてるなあ、って思って

真っ先に猫さんの顔を見に行って、
今日も会えてよかった、元気でいてくれてありがとう、って思うのですが、

こういう日常の連続って、本当に奇跡だと思います。


「つつがなく過ぎていく日々」ほど幸せなことってないよね。


猫さんは身を持っていろんなことを、私たちに教えてくれますね。



 

 

--------------------------------------------------------------------------------------------
迷い猫・迷子ペットの飼い主さんサポートサイト
チラシ/ポスター制作・捜索グッズ・防災グッズ販売
「ねこてっくす」  http://necotex.net 
---------------------------------------------------------------------
※現在、個別のメンタル相談は、受付しておりません。
どうぞよろしくお願いいたします。


 

自分で上げてくしかない!

気持ちが深い深い闇の底にいるときに、
無理やり希望をみようとしたってむずかしいですよね。

ポジティブに!とか、引き寄せ!とか言ったって、

今の状況と真逆のイメージをすることなんてできないよー
というのが、本音ではないかなあと思います。


この状態いつまで続くの・・と
すぐに不安や恐怖に取り込まれそうになる、この負の感情の強さたるや。


でもですね、


最近なにかにつけて落ち込みやすい私が、(更年期かもしれない(笑))
はっきり言えること、

それは、

自分の気持ちは、自分で上げていくしかない!

ということ。


自分しか上げられない、のですよ!!!



今日は独り言でしたー(・ε・)







--------------------------------------------------------------------------------------------
迷い猫・迷子ペットの飼い主さんサポートサイト
チラシ/ポスター制作・捜索グッズ・防災グッズ販売
「ねこてっくす」  http://necotex.net 
---------------------------------------------------------------------
※現在、個別のメンタル相談は、受付しておりません。
どうぞよろしくお願いいたします。

 

ダウジングで分かること

最近、ダウジングの記事(ダウジングとパワーストーンと)を
よく読んでいただけているようなので、
今日はダウジングの話をしようかなあと思います。

非科学的なことに興味がない方はスルーでお願いします!

ダウジングのイメージと言えば、
はるか昔の人が、水脈を探すための道具として使っていたことを
思い浮かべる方も、おられるかもしれません。(私はそうでした・・)

が、ここでは水晶などのペンデュラムを使用してする
ダウジングの話をします。

こういうやつ↓

201609161

参考ブログ→ 波瀾万丈のお陰です! 大阪のおかんより


ダウジングで何が分かるのか。 

まず、エネルギーが分かります。

この世の中にあるものはすべてエネルギーがあります。

わたしたち人間や動物にはもちろん、
そのへんにある何気ない「物」にもエネルギーはあります。
土地とか空間にも。

どうやってみるのか、という「やり方」については
今日はちょっと省きますね。


さて、猫さんのエネルギー。

元気な猫さんは、安定していて、すごーーくでかいです!

直接ダウジングすると30cmくらいの円を描いて大きく回ります。

猫さんにくらべると、人間なんて半分もないかも。。


で、うちの猫さんが以前に足を痛めたことがあったのですが、
そのときみたエネルギーは、とてもとても小さくなっていました。
痛い部分を局所的にみると、まったく動かなかったときもありました。


さて、脱走している猫さんは、たいていはとても小さいエネルギーをしています。
(遠隔でもみることができます)

それは恐怖からなのか、体力的に弱っているからなのか、
円にすると、5mmくらいの子もいるし、不安定な子もいます。


でも、中には、

家にいる元気な猫さんと同じくらいのエネルギーを発している子がいます。

すごくまれに、ですが。

そういう子は、
もしかしたらもともと、別宅があってそこにいるのか、
どなたかに保護されているのかもなあと思います。

おうちに帰りたくない理由があるのかも分かりませんが、
とりあえず元気いっぱいなのが分かると安心します。

飼い主さんは気が気じゃないのにね、と思うと複雑ですが・・


もー猫ってやつはまったく、、!と思いますね。(^^;)



へんな終わり方になってしまいました・・(汗)

また今度、続きを書きます(^^)


 


 


--------------------------------------------------------------------------------------------
迷い猫・迷子ペットの飼い主さんサポートサイト
チラシ/ポスター制作・捜索グッズ・防災グッズ販売
「ねこてっくす」  http://necotex.net 
---------------------------------------------------------------------
※現在、個別のメンタル相談は、受付しておりません。
どうぞよろしくお願いいたします。
 



 

東北支援

私が個人的に「東北支援」の一環として行っていることの一つに、
東北大学の講義への参加があります。

今年で3回目でした。

「起業家ヒアリング」ということで
大学院生の方からのさまざまな質問にお答えしていくのですが、
今年の生徒さんはなにやら熱かった。

えーそこ突っ込むのーという感じで(笑)、
若い世代の人たちの話は、とても勉強になります。

私は経営者としてはヘッポコなので、
おもにマインドとかメンタルの面を伝えることしかできないのですが、
全身全霊で想いをお届けしました。


毎年パワーを注ぎ過ぎてしまうため、終わるとぶっ倒れてしまうのですが、(笑)
今年は通信機器までがぶっ飛んでしまって、
振り返ってみれば、大変大騒ぎな夏となりました。(^^;



次世代のためにすこしは役に立てたかなあ。

ちょっとみんな頑張ってよ!!っておばはんのように
背中をたたきたくなりますね。


やっと最近読みました↓

大学院生の感想 

大変長いので、興味のある方のみどうぞ・・(^^;

 



 

--------------------------------------------------------------------------------------------
迷い猫・迷子ペットの飼い主さんサポートサイト
チラシ/ポスター制作・捜索グッズ・防災グッズ販売
「ねこてっくす」  http://necotex.net 
---------------------------------------------------------------------
※現在、個別のメンタル相談は、受付しておりません。
どうぞよろしくお願いいたします。
 

 

不安情報社会と循環

GWラストの記事になります。

松原の個人的な記事が続きましたが、
いつもよりたくさんの人に読んでいただけたみたいで嬉しいです(^^)

またお休みのときなど、機会があれば更新していこうかな、と思います。


さて、最後に。


私が、ねこてっくすのサイトをつくった理由の一つに、

「迷子の猫さんはみつかるんだよ!」

ということを伝えたかった。

というのがあります。


それまで、ネットに載っていた迷子の猫さんについての情報っていうのは、

割とイヤ~な情報の方が多かったんですね。


迷信だったりとか、それこそ知らない誰かの思い込みとかの情報が多くて、


実際はどうなの?


ほんとうのところ、迷子の猫は帰ってくるの?

どれくらいでみつかるの?


という肝心な情報があやふやだったんですよね。


でも信憑性が高い情報をコツコツ調べていくと、

けっこう帰ってくるし、みつかってる。




だから、どうやったらこの安心が伝わるかなー、と考えたとき、


迷子の猫さんが無事みつかった、信用できる実例」というのを

たくさんたくさん掲載すればいいんだ!
と思いました。


で、そこにつながることをやっていこう、と。



そもそも、私は昔からテレビのニュースとか、
不安をあおる情報社会がとても苦手で、嫌いです。
(なのでテレビはほとんど見ません。)

人間の根本的な感情は、「不安や恐怖」から成り立っていて、
それらをまったくのゼロにすることはできないのですが、
それらをあえて拡大するやり方って必要??と思っていて。

不安や心配をエネルギーにしてガンガン行動できる人もいると思うけれど、
不安や恐怖で、動けなくなってしまう人の方が圧倒的に多いと思います。

動けなくなってしまう人は、できるだけそれらの感情に
支配されないようにしたら、動けるようになるかもしれないな、と思います。


なので、
そういう飼い主さんにとって、
「迷子さんがみつかった実例」というのは、
これだけ多くの子が無事にみつかっているんだよ、っていう
ひとつの安心材料になると思うし、

「うちの子もみつかるかもしれない」という
希望にもなると思います。

読んだときに、みつかった子の飼い主さんたちが発した文章から
”みつかったときの興奮” = ”喜びの波動” なんかも一緒に
そのまま伝わって、読んだ人の力になればいいなとも思っています。


結局ね、みつかればなんだっていいですしね。

チラシを売ってるからって、なにもチラシからみつからなくてもいいし、
どんな方法だってみつかれば嬉しい♪


最近は毎日、「サイトをみて助かりました~」とか
「サイトのおかげでみつかりました!」というメールも
たくさんいただけるようになって、

私がめざしていた、情報の「循環」というのが
ようやくできてきたかなーと思っています。


もちろん貴重な話を教えていただける飼い主さんたちのおかげですし、
それを拡げてくださるツイッターのフォロワーさんたちや、
先の記事で紹介したような超パワー(笑)の持ち主たちのお力ももちろん、
ねこてっくすに関わってくれているたくさんの方々の想いや力がきっとね、
猫さんたちにも伝わるものと、思っています。


なので、「みつかったよ!!」っていうご報告、
引き続き、たくさんお待ちしております!(^^)/

そして、いま苦しんでいる飼い主さん、
成功した飼い主さんからたくさん学んで、
いい影響やパワーをたくさんもらっちゃってください(^^)/ 

私も、もっともっと一人でも多くの猫さんがおうちに帰れるように、
できることすべてやっていきたいと思っています。


 


--------------------------------------------------------------------------------------------
迷い猫・迷子ペットの飼い主さんサポートサイト
チラシ/ポスター制作・捜索グッズ・防災グッズ販売
「ねこてっくす」  http://necotex.net 
---------------------------------------------------------------------
※現在、個別のメンタル相談は、受付しておりません。
どうぞよろしくお願いいたします。
 
ねこてっくすサイト↓
Twitter プロフィール
迷子ペットの飼い主さんトータルサポート「ねこてっくす」 脱走した猫はみつからないと思い込んでいませんか?無事に保護できた!ひょっこり帰ってきた♪実例300件以上掲載しています。捜索チラシ/ポスター制作1,300件以上。不安や心配でいっぱいの飼い主さんがどうか少しでも前向きに捜すことができますように。
記事検索
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ

ハウスコは建築家と出会い、注文住宅をつくるためのコミュニティサイト。
建築家に家づくりの質問をしたり、住宅設計コンペを開催したり、ハウスコにはさまざまな出会いのカタチがあります。相性のよい建築家を見つけましょう。建築家登録も受付中!
Powered by 面白法人カヤック