迷子猫のあしあと -ねこてっくすのblog-

迷子ペットの飼い主さんサポートサイト「ねこてっくす」のブログです。 飼い主さんから一つでも多くの心配や不安を減らし、少しでも前にすすんでもらうことを目的としています。

迷子猫さんの話

迷い猫さん追跡のあれこれ

ねこてっくすを立ち上げてから6年、
迷い猫さんについて試行錯誤し続けてきたことの中に、
「猫さんの追跡」についてがあります。

前に書いたダウジングも追跡方法のうちの一つですが、
今回はITとか、機械的な技術についての話です。


マイクロチップを埋め込んでいても、
発見までいたらないことは実は多いです。 

なので、GPSや電波で追跡できないか、調べたり考えたりしました。

既存のGPSは、電池が数日しか持たないものばかりで役に立たないことが多く、
販売しているロケーターやGPSロガーはサイズが大きくて
猫さんに負担がかかりすぎてかわいそう。

首輪自体を小さくするために、
電波や無線を使ったり携帯の電波を使う方法は?と思い、
NTTの方に相談したりもしました。

が、なかなか個人レベルでの開発は難しいということで、
(かかる費用の桁があれでしたね・・)無理かなあと思ったり。 


そうこうしているうちに年月が経ち、アプリというものが登場しました。
 
海外製のものが、どんどん普及してきました。

よさそうなものもありましたが、
残念ながら日本でのサポートがないものばかりでした。

Pawtrack

StickR TrackR


そのうち日本でもアプリが出始めてきましたが、
「落とし物を探す」がメインって感じです。

MAMORIO

Stick-N-Find

これはワンワン専用?

Findog


他にもツイッターでRTしていたはずですが忘れました・・


そんな中、今年のCEATEC JAPANに出展していた企業さん!

(※CEATEC JAPAN(シーテックジャパン)というのは、
 アジア最大級のIT技術の国際展示会です。)

こちらが配布してたパンフレット。


IMG_1476 (1)


どビンゴきたーと思いましたね。


IMG_1477 (1)


現在開発中とのことで、
首輪のサイズをもう少し小さくしていく予定(今はまだちょっと大きい感じ・・)
とのこと。


ひとつ気になったのは、

「迷い猫の飼い主が見つかり戻ってくるのは20%しかいない」との記述。

どんな調査結果からの数字なのかは分かりませんが、
(保健所経由の数字か、何も捜索しなかった場合?)

ねこてっくすでは、最低でも45%以上はありますので
(今月は80%超えてますし)
ん??と思いました。


なんにしても、技術が発達して
迷子さんがみつかる確率が高くなっていくことは喜ばしいことです!

どれだけ気をつけてたって脱走してしまうのが猫さんですから。。。

今後のIT技術に期待したいですね!


【追記】
ドコノコを忘れてました。

ドコノコ




--------------------------------------------------------------------------------------------
迷い猫・迷子ペットの飼い主さんサポートサイト 
チラシ/ポスター制作「ねこてっくす」  http://necotex.net  
---------------------------------------------------------------------
※現在、個別のメンタル相談は、受付しておりません。 
 

 

長旅猫さんの毛色が変わる可能性について

今までにも何度かツイッターでRTさせてもらっていたのですが、
あらためてここにも残しておこうと思います。

長旅中の猫さんの毛色が
栄養不足やストレスにより、変化する可能性があることについて。

こちらのブログに詳しく載っています。

皆様の経験則③ 身体変化編 (毛色の変化、声、姿の変化)

(※熊本では、地震の影響によりまだたくさんの猫さんが迷子になっています)


たとえ色は変わっても、
柄(模様)は変わらないので、
確認する際は、じゅうぶんに注意したいですね!


迷子から数か月経過している場合はとくに、

「色がちょっと違うかも」という情報でも、必ずご自身の目で確かめたり、

ぱっと見で「うーん違うか」などと見過ごさないように、

気をつけましょうね!!



迷子さん捜索において、「思い込み」は最大の敵です。







--------------------------------------------------------------------------------------------
迷い猫・迷子ペットの飼い主さんサポートサイト 
チラシ/ポスター制作「ねこてっくす」  http://necotex.net  
---------------------------------------------------------------------
※現在、個別のメンタル相談は、受付しておりません。 

 

猫さんの脱走に注意の季節です!!

さて、ようやく東北地方も梅雨が明けました。


この季節、

網戸を突き破って・・
少し開けた窓の隙間から身をよじって・・
玄関を開けた瞬間ささーっと・・

脱走してしまう猫さんが、とてもとても多くなります。


お盆の時期、帰省途中のサービスエリアやパーキングエリアからの脱走も
多くなります。


どうか、十二分にご注意していただきたいな、と思います。


そして、万が一にでも脱走してしまった場合、

この季節は、できるだけ早め早めに捜索をされたほうがいいです。


大好きな猫さんに、つらい思いをさせないように

気を付けましょうね!!


 


 


--------------------------------------------------------------------------------------------
迷い猫・迷子ペットの飼い主さんサポートサイト 
チラシ/ポスター制作「ねこてっくす」  http://necotex.net  
---------------------------------------------------------------------
※現在、個別のメンタル相談は、受付しておりません。 
 


 

何でもありだと思った方がいい

マンションにお住まいの猫さんが、
ふとした隙に玄関から出て行ってしまった、というケースもとても多いです。

そういった場合、だいたいはマンションの1階や敷地内、
近隣のマンションで発見されることが多いです。


飼い主さんの中には、

「自力で上階まで上がってくるのは無理・・」

と思いこんでいる方もおられましたが、


ご自身の目で、「階段を下りた」 と目視していないのであれば、

可能性を限定してしまわない方がいいです。


ツイッターで見かけた発見例の中に、

『マンションの11階からいなくなった猫さんが、1ヶ月後、
12階のお宅の押入に隠れていたのを、住人の方が発見して無事に保護した』

というケースを見たことがあります。


階段は「下りた」とは限らないんですね。


何でもありだと思った方がいいです!
 


 


--------------------------------------------------------------------------------------------
迷い猫・迷子ペットの飼い主さんサポートサイト 
チラシ/ポスター制作「ねこてっくす」  http://necotex.net  
---------------------------------------------------------------------
※現在、個別のメンタル相談は、受付しておりません。 
 

 

迷子猫さん、3年5ヶ月ぶりに無事保護!

先日、ものすごい朗報によりツイッターが沸きました。

2013年1月から行方不明だった猫さんが、

なんと、

行方不明から3年5ヶ月経った、

2016年6月、無事にみつかり、

おうちに帰ることができたのです!!!



飼い主さんからメールを受け取ったときは
一瞬、目を疑いました。

何度もチラシをまいて、
ものすごく頑張って捜していらした飼い主さんでしたので、
私も思い出深く、当時の記憶ははっきりしています。


なんかもう言葉にならないですね。

とにかくすごいです。

すごい!

--------------------------------------------------------------- 

以下は「ねこてっくす」サイトから↓


maigoneko チラシ ■神奈川県・三毛猫・しぇりーちゃん 

  2013年1月から行方不明でしたが・・・

 ■ 3年5ヶ月後、無事に保護されました! 

 【飼い主さまより

 しぇりーが見つかりました!

 ピンクのチラシを作っていただいた我が家の飼い猫の
 しぇりーが

 行方不明から3年5ヶ月経って見つかりました。

ねこてっくすさんには2013年に1回目2014年に2回目のチラシをお願いしました。

結局地元のスーパーマーケットの方がご好意で2年の間ずっと掲示板に
貼って下さったのを見て

外猫としてご飯をあげて保護して下さっていた方から連絡が入り
一昨日我が家に帰って来ました。

チラシの体の特徴などが関心を持って下さった決め手になったそうです。


ねこてっくすさんのチラシのおかげです。

タイミングが合うとこの様な事も起こりうるので
飼い主さんはあきらめないでほしいです。

長い間探していると心が折れそうになりますが

この様な奇跡も起こる事があるので
発見された例としてチラシと共によろしければ載せて下さい。



【飼い主様からのメールをそのまま掲載させていただきました】
 

【追記】ご自宅から直線距離にして1.2キロ位の場所にいたそうです。 
※ピンクのチラシは特注です。
--------------------------------------------------------------- 


本当に、
よかったですね!!

努力は絶対に報われる日が来ると思うし、

きっとね、他の猫さんたちも、こうやって親切な方たちに
助けられていると思います!


今回、ねこてっくすオープン(2011年)以来の、最長記録を更新しました。

1年過ぎたからもう無理なのではないか、
2年過ぎたからもうだめかもしれない、

そんな思いを感じていた飼い主さんたちにも、

もしかしたらうちの子も大丈夫かもしれない!

という大きな希望になった出来事でした。(^^)

 


 


--------------------------------------------------------------------------------------------
迷い猫・迷子ペットの飼い主さんサポートサイト 
チラシ/ポスター制作「ねこてっくす」  http://necotex.net  
---------------------------------------------------------------------
※現在、個別のメンタル相談は、受付しておりません。 
 
 

猫界の情報2

最近、猫界の情報という2年前の記事を

たくさん読んでいただけているみたいなので、

今日はもう1つ、猫界の話を。

 

猫さんの捜索中は、ぜひ近所の猫さんにも声をかけてくださいね、

とお伝えしているのですが、


なぜかというと


近所の外猫さんが、迷子の猫さんを連れて帰ってきてくれた、

という、うそみたいな話を、

何度も何度も聞いたからです。


ある飼い主さんは、近所のボス猫さんに会うたびに

「うちの子みかけたら帰るよう言ってね」

などと毎日声をかけていたらしいのですが、

ある日、本当にその猫さんを連れて帰ってきてくれたそうです。


途中、ご近所さんから「ボス猫と一緒にいるところを見た」という
目撃情報もあったそうです。


またある時は、


飼い主さんが、ポスターを貼ったりポスティングをしているところを
見ていた近所のノラ猫さんが、
 

迷子の猫さんを、自宅まで一緒に連れてきてくれた

という話もありました。


 

これ、けっこうしょっちゅう聞くので

ねこてっくすでは、ほぼ普通のできごとになっちゃってます(^^)


ここにも書いてました↓
起業家・質疑応答 〜自作のポスターとの違いって?〜



でも、これもやっぱり猫界はつながっているということだと思うし、
それは時に人間界ともつながることがある、

ということではないかなあと思うのでした。
 
 

なので捜していること、他の猫さんたちにも知らせてみてくださいね!






--------------------------------------------------------------------------------------------
迷い猫・迷子ペットの飼い主さんサポートサイト 
チラシ/ポスター制作「ねこてっくす」  http://necotex.net  
---------------------------------------------------------------------
※現在、個別のメンタル相談は、受付しておりません。 
 

この子はうちの子?

今回は、長い期間さがしている飼い主さんからいただいた質問について。

今のところは2件ほどのご相談なので
そんなに多い悩みではないかもしれませんが、
念のためシェアしておこうと思います。


Q・捕獲器にとてもよく似た猫が入ったけれど、
これは本人なのでしょうか・・?

Q・猫を保護しましたが、もしかしたら違う子かもしれません。
情けないのですが、分からないんです。


(以下一部抜粋)

・汚れて痩せてしまった本人だと思えば本人に見えます。
・でもあまりにも表情や性格が違いすぎます
・見つからない時と同じ位心がモヤモヤしてます。
・同居猫の反応は、威嚇する訳でもなく普段と変わらない感じです。



結果を先にお伝えしますと、

この子たちは違う子でした。

そして、この飼い主さんたちはその後、

無事本人を保護できました。



実質的なアドバイスとしては、

表情や性格は過酷な環境に置かれたために変わってしまうことがあるけれど、
毛色や柄は変わらないこと、

猫さんの写真を持って、その猫さんを病院へ連れて行き、
細かい部分まで獣医さんに確認してもらった方がいいということ、
をお伝えしています。 


が、、、


たぶん飼い主さんが、「あれっ?」「もしかして?」と疑いをもった時点で

猫違いの可能性が高いのではないかと思います。 



というのは、

どれだけやせて姿が変わっていても、

本物を見つけたときには、すぐに分かる飼い主さんがほとんどだからです。



情報提供者さんから猫さんの写真が送られてきて

他人の目から見ると、

「うーん似てるけど違うような気もするけど、どうなのかな?」

と思ってしまうこともあるのですが、


「これは間違いなくうちの子です!」

と言われてびっくりすることも何度かありました。


やっぱり飼い主さんにしか分からないなにかがあるんだなあ、と思います。


最後は感覚とか、そういうもので判断できるのではないかなあと

思っているところです。


 

--------------------------------------------------------------------------------------------
迷い猫・迷子ペットの飼い主さんサポートサイト 
チラシ/ポスター制作「ねこてっくす」  http://necotex.net  
---------------------------------------------------------------------
※現在、個別のメンタル相談は、受付しておりません。 
 
 
 
ねこてっくすサイト↓
Twitter プロフィール
迷子ペットの飼い主さんトータルサポート「ねこてっくす」 脱走した猫はみつからないと思い込んでいませんか?無事に保護できた!ひょっこり帰ってきた♪実例320件以上掲載しています。捜索チラシ/ポスター制作1,300件以上。不安や心配でいっぱいの飼い主さんがどうか少しでも前向きに捜すことができますように。
記事検索
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ

ハウスコは建築家と出会い、注文住宅をつくるためのコミュニティサイト。
建築家に家づくりの質問をしたり、住宅設計コンペを開催したり、ハウスコにはさまざまな出会いのカタチがあります。相性のよい建築家を見つけましょう。建築家登録も受付中!
Powered by 面白法人カヤック